何とかしたいその雑草。エイトアップならあらゆる雑草の根まで枯らします。


新着情報
除草剤トピックス全てのトピックスを見る
  • 平成29年9月
    尿素が農薬の浸透を助ける

    近ごろ、その汎用性が注目されているのが、尿素だ。
    尿素はアンモニアと炭酸ガスから合成される。
    農業以外でも、尿素を配合したハンドクリームや化粧水などが肌荒れ対策として人気だ。
    農業分野において尿素は、長く窒素肥料として用いられてきた。
    値段も20キログラムで2,000円ほどとリーズナブル。
    窒素成分が40%以上もあり、速効性もある。
    畑にまいたり、水に溶かして葉面散布したりするのがおもな利用法だ。
    尿素と農薬との混用で期待されるのは、展着剤としての役割とリン酸やカリを浸透しやすくする役割など。
    植物の表皮をゆるめて農薬の成分が浸透するのを助けて、吸収をうながすのだ。
    使用例で多いのは、アメリカでも一般的な除草剤に混ぜる方法。
    しぶといスギナの根まで枯らしてしまうという。
    除草剤以外でもさまざまな農薬を基準値より薄めに希釈し、そのかわりに尿素を混ぜる例が多い。
    もとは窒素肥料であるため、作物が元気になる効果もあり、一石二鳥といえそうだ。

    出展:図解でよくわかる農薬のきほん 誠文堂新光社

  • 平成29年8月
    雑草退治は除草剤で楽々

    人手による草刈では膝や腰に負担がかかります。
    また、草刈機の扱いは知識と技術が必要で大変です。

    ※ 草刈では地面に雑草の根が残り根から再生してしまいます。

    エイトアップはジョーロ、噴霧器など、水で薄めて雑草に散布するだけ手軽で簡単。


    葉に付着すると浸透移行し根まで枯らします。

  • 平成29年7月
    水田作 大規模化し複合経営に

    水田作の販売農家数は113万個となり、10年前から35%減少

    一方、北海道で15ヘクタール以上が4,600戸(10年間で900戸増)、都府県で5ヘクタール以上が4万3千戸(10年間で1万1千戸増)となるなど、大規模化が進んだ。

    水田作の法人経営は1万経営となり、10年間で3倍以上に増加。

    10年に77万3千経営あった稲作単一経営は、15年に50万8千経営にまで減った。

    17万1千経営が経営をやめ、その他では複合経営が3万9千経営、他品目の単一経営が8千経営となった。

    耕地面積が大きいほど、複合経営に移行する割合が高かった。

    出典:全国農業新聞より




エイトアップは、希釈して散布するので経済的。
広範囲での散布や雑草が密集した場所に効率よく使え、雑草が枯れた後には、種まきや苗の植え付けができます。



商品紹介エイトアップの特性初めて使用する方へ上手な使い方よくある質問会社概要お問い合わせサイトマップ個人情報について